ルドルフ・シュタイナー教育講座  1 (教育の基礎としての一般人間学)

高橋巌 訳

シュタイナーが自身の学校「自由ヴァルドルフ学校」創立に際し、教師たちのために行なった連続講義。本シリーズは、「シュタイナー教育」の実践を具体的に示す"原典"である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現在(第5後アトランティス期)の教育課題-利己主義の克服
  • 教育の基礎にある人智学的心理学-人間の魂の考察
  • 人間の魂は宇宙経過の舞台である
  • 意志の教育
  • 共感と反感から成る感情
  • ブレンターノとジークヴァルトの論争
  • ハンスリックの『音楽美について』
  • 霊視と霊聴と霊的直観
  • ミシュレーとツェラー
  • モーリッツ・ベネディクト
  • 記憶と忘却
  • 教育上の言語の役割
  • 体としての人間の考察
  • 環境世界との関係
  • 人体内の物質の働きと生命の働き
  • 3分節化された身体〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルドルフ・シュタイナー教育講座
著作者等 Steiner, Rudolf
高橋 巌
シュタイナー ルドルフ
書名ヨミ ルドルフ シュタイナー キョウイク コウザ
書名別名 Allgemeine Menschenkunde als Grundlage der Pädagogik

教育の基礎としての一般人間学
巻冊次 1 (教育の基礎としての一般人間学)
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.1
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 4480354212
NCID BN03087306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89017624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想