鑑賞中国の古典  第15巻

今鷹 真【著】

平安時代に伝わった『蒙求』は、「蛍の光、窓の雪」の例のように、日本人の教養・知識にとって欠くべからざる書物となる。唐の李瀚(りかん)という人物によって作られたという『蒙求』は、596句によりなる4字句の韻文である。童蒙、すなわちものを知らない子どもたちの要求にこたえられるように、歴史上の故事を編集したものである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鑑賞中国の古典
著作者等 今鷹 真
書名ヨミ カンショウ チュウゴク ノ コテン
書名別名 蒙求
シリーズ名 蒙求
巻冊次 第15巻
出版元 角川書店
刊行年月 1989.1
ページ数 426p
大きさ 20cm
ISBN 404590915X
NCID BN0308629X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89019438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
蒙求 今鷹 真
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想