音と言葉

フルトヴェングラー 著 ; 芦津丈夫 訳

その絶頂と凋落の境目に立ち、栄光のすべてを背負い、退廃の深淵を予見しつつもなお人間性の未来へ明るさを望んでやまなかった巨匠フルトヴェングラーの主要著作の完訳。ヨーロッパの精神文化の深みをこれほど見事に魅惑的に語ったものはない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ベートーヴェンの音楽について-1918年
  • ヴァーグナー『ニーベルングの指輪』の音楽について-1919年
  • 暗譜指揮について-1926年
  • 演奏会プログラム-1930年
  • 誤解されたヴァーグナー-1931年
  • 音楽の生命力-1931年
  • ヨハネス・ブラームス-1931年
  • ゲーテ-1932年
  • バロック音楽の演奏について-1932年
  • 音楽危機における古典派作曲家たち ベルリン・フィル祝典講演-1932年〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音と言葉
著作者等 Furtwängler, Wilhelm
芦津 丈夫
Furtw¨angler Wilhelm
フルトヴェングラー
書名ヨミ オト ト コトバ
出版元 白水社
刊行年月 1978.10
版表示 新装版
ページ数 288p
大きさ 20cm
ISBN 4560037280
NCID BN0307207X
BN15743401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78035305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想