西ドイツの東南アジア経済政策

アジア経済研究所[編]

[目次]

  • 目次
  • あいさつ 東畑精一
  • 第1章 戦後の西ドイツ貿易政策の変遷 / p1
  • 第1節 金融政策的貿易政策から構造的貿易政策への転換 / p1
  • 第2節 貿易自由化政策の検討 / p6
  • I 占領軍規定による再建の努力 / p6
  • II 輸出促進のための海外投資 / p10
  • III 輸出手続きの簡素化 / p13
  • IV 貿易関係の緊密化と拡大化 / p15
  • V 継続的出超傾向と貿易自由化 / p19
  • VI 資本輸出積極化の必要性 / p23
  • VII 関税引き下げ措置の輸入拡大効果 / p24
  • VIII 貿易構造政策の必然性 / p30
  • 第3節 累積する外貨と輸出金融 / p35
  • I 輸出金融と貿易構造政策 / p35
  • II 民間ペースでの経済協力の背景 / p38
  • III 輸出金融における国家保護の必要性 / p46
  • 第2章 低開発地域貿易促進への西ドイツ輸出金融の役割 / p49
  • 第1節 輸出金融会社 / p52
  • I 成立 / p52
  • II 融資対象の制限 / p53
  • III 融資方法 / p54
  • IV 発展 / p58
  • V 輸出金融会社と資本市場 / p64
  • 第2節 ヘルメス信用保険株式会社 / p66
  • I 輸出金融と輸出保証 / p66
  • II 輸出保証の対象と形態 / p69
  • III 輸出保証制度の実績 / p72
  • IV 輸出保証と自己負担 / p75
  • V ベルン同盟と延べ払い対策 / p77
  • 第3節 復興金融金庫 / p82
  • I 業績 / p82
  • II 累積外貨と資本輸出 / p86
  • III 経済協力と資本輸出に果たす復興金融金庫の機能 / p90
  • 第3章 西ドイツ経済協力の動向 / p93
  • 第1節 国際機関を通じての経済協力 / p93
  • I 世界的義務と世界観的義務 / p93
  • II 西ドイツ経済協力の実績 / p95
  • III 西ドイツ経済協力の基調変化と国際的経済協力機構設立の可能性 / p101
  • 第2節 政府による経済協力の積極化 / p107
  • I 連邦予算法第18条および第20条の内容 / p107
  • II 第18条の残された問題点 / p115
  • 第4章 西ドイツと東南アジア諸国との貿易関係-貿易協定および経済協力協定を中心として- / p119
  • 第1節 東南アジア諸国別にみた実施状況 / p123
  • I ヴェトナム / p123
  • II フィリピン / p127
  • III セイロン / p130
  • IV ビルマ / p136
  • V パキスタン / p142
  • VI インドネシア / p145
  • VII タイ / p152
  • VIII インド / p153
  • 第2節 西ドイツ貿易構造と東南アジア / p154
  • 結論に代えて / p167
  • 索引 / p173
  • 事項索引 / p174
  • 表・図索引 / p181

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西ドイツの東南アジア経済政策
著作者等 アジア経済研究所
書名ヨミ ニシドイツ ノ トウナン アジア ケイザイ セイサク
シリーズ名 アジア経済研究シリーズ ; 第9集
出版元 アジア経済研究所
刊行年月 1961
ページ数 186p
大きさ 21cm
NCID BN03071929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61006557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想