秋成幻戯

野口 武彦【著】

怪異小説集『雨月物語』の作者にして富裕な商家の若旦那。浮世草子を手がけ、破産後は医者、国学者-。覚めながら夢みる、怪異、雄勁、韜晦の人、上田秋成をさぐりつつ、物語空間の誕生を立体的に解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロマン的想像力の系譜
  • 「引き物語」的方法について
  • 「悪」とその絶対値
  • 歴史の落丁と物語の乱丁-上田秋成の『歌のほまれ』と『鴛央行』をめぐって
  • 夢の対話篇-春雨物語『目ひとつの神』の幻視界
  • 性格悲劇としての「笑い」-上田秋成の初期浮世草子
  • 政子淫乱-「物語」の流産をめぐって
  • 古道信仰と古代幻想-秋成・宣長における二つの国学的世界像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秋成幻戯
著作者等 野口 武彦
書名ヨミ アキナリゲンギ
出版元 青土社
刊行年月 1989.2.10
ページ数 322p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN03066984
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想