物価変動の理論 : 現代資本主義の物価変動分析

磯村隆文 著

[目次]

  • 目次
  • 序文
  • 序章 価格理論の学説史的背景 / p1
  • 第I部 個別価格変動の理論と機構
  • 第1章 需給均衡による価格決定論 / p13
  • I 企業活動としての供給の原理 / p13
  • II 需要者の行動原理 / p18
  • III 競争条件と価格均衡 / p27
  • 第2章 価値理論と価格変動の機構 / p41
  • I 市場価値の概念と形成機構 / p41
  • II 需要競合と市場価格の変動 / p50
  • III 競争の展開と価格変動 / p55
  • 第II部 物価水準変動の理論と機構
  • 第3章 物価水準の変動要因 / p73
  • I 生産価格概念の論理構造 / p73
  • II 価格変動波及の形態と条件 / p82
  • III マクロ局面の変動要因 / p90
  • 第4章 貨幣流通の理論と機構 / p97
  • I 貨幣流通の法則とそのモデル化 / p97
  • II 価格標準の機能形態 / p104
  • III 通貨制度の安定条件 / p110
  • 第5章 管理通貨制度の本質と機能 / p123
  • I 管理通貨制度成立の基盤 / p124
  • II 国際通貨基金制度の目的と性格 / p129
  • III 管理通貨制度の安定条件 / p135
  • IV 日本の通貨制度と日銀券 / p140
  • 第6章 インフレーションの理論 / p147
  • I 経済変動と通貨供給 / p148
  • II 信用膨張と物価変動 / p153
  • III 財政資金変動と通貨量伸縮 / p161
  • IV 通貨供給のモデル展開 / p167
  • V 通貨効果の計測式 / p175
  • 第III部 現代物価謄貴の実証分析
  • 第7章 経済成長政策と物価謄貴
  • I 現代物価謄貴の特徴 / p181
  • II 現代成長政策の特徴 / p190
  • III 金融政策と物価変動 / p196
  • IV 公債発行の意味と効果 / p205
  • 第8章 現代のインフレーション / p213
  • I 通貨効果指数の測定 / p213
  • II 通貨効果の作用形態 / p217
  • III ビルト・イン・インフレーター / p229
  • IV マイルド・インフレーション / p243
  • 第9章 物価政策の基本点 / p255
  • I インフレ分析の現状 / p255
  • II 物価政策の選択基準 / p261
  • 参考文献 / p269
  • 索引 / p273

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 物価変動の理論 : 現代資本主義の物価変動分析
著作者等 磯村 隆文
書名ヨミ ブッカ ヘンドウ ノ リロン : ゲンダイ シホン シュギ ノ ブッカ ヘンドウ ブンセキ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1967
ページ数 277p
大きさ 22cm
NCID BN03065664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67006960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想