光で語る現代物理学 : 光速cの謎を追う

小山慶太 著

16歳のとき、少年アインシュタインは考えた。「もし光の速度で光を追いかけたら、光は止まって見えるはずだが、実験でも理論でもそうなっていない。それはなぜか?」と。この光速度への疑問が、古典物理学の常識をくつがえす相対性理論誕生の下敷きになったという。極微の世界をさぐる量子力学も光の研究がきっかけであった。とすると、光は、小は素粒子の世界から大は宇宙創成までをつらぬく現代物理学の軸である。では、人間は光によって自然の謎をどこまで読みとったのか、そして光速度が違っていたら、宇宙は存在しただろうか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 初めに光ありき
  • 2章 近代科学は光の研究と共に
  • 3章 古典物理学と光の正体
  • 4章 相対性理論と光の速度
  • 5章 量子力学と光
  • 6章 反物質の世界と光のかけ橋
  • 7章 光は力の担い手
  • 8章 光のものさし、光の時計
  • 9章 エピローグ-もしも光速の値が違っていたら

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光で語る現代物理学 : 光速cの謎を追う
著作者等 小山 慶太
書名ヨミ ヒカリ デ カタル ゲンダイ ブツリガク
書名別名 Hikari de kataru gendai butsurigaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1989.1
ページ数 206, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4061327623
NCID BN03050066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89020113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想