思春期の少女たち : 文学にみる成熟過程

キャサリン・ダルシマー 著 ; 富山太佳夫, 三好みゆき 訳

とらえがたい感情と身体の変化に驚きながら"知恵"を身につけてゆく思春期の少女たち。精神分析や心理学の理論はその時期特有の困難を予言するが、文学作品には女性の歩む道程がみずみずしく描かれている。アンネ・フランクやジュリエット、そしてJ.オースティンなどの作品を手がかりに、女性の真の成熟の意味を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 孤独を知るころ-『結婚式のメンバー』
  • 先生、そして、友だち-『ブロディ先生の青春』
  • もうひとりの自分-『アンネの日記』
  • 初恋-『ロミオとジュリエット』
  • 結婚の選択-『説きふせられて』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思春期の少女たち : 文学にみる成熟過程
著作者等 Dalsimer, Katherine
三好 みゆき
富山 太佳夫
ダルシマー キャサリン
書名ヨミ シシュンキ ノ ショウジョタチ
書名別名 Female adolescence

Shishunki no shojotachi
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.1
ページ数 303, 8p
大きさ 19cm
ISBN 4000026623
NCID BN03049599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89025833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想