明徳記

富倉徳次郎 校訂

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 明徳記上 / 13
  • 明徳記中 / 55
  • 明徳記下 / 111
  • 補註 / 159
  • 附録
  • 山名系圖 / 165
  • 謠曲小林 / 168
  • 解題 / 177
  • 明徳記 上
  • 序 / 13
  • 義滿山名氏清・同滿幸をして山名時凞・同氏之を但馬に撃たしむ / 13
  • 義滿山名氏清の宇治の別業に臨む / 16
  • 京都地震、土御門有世亂兆となす / 19
  • 山名滿幸出雲横田庄の御領を押妨す / 19
  • 滿幸氏清を和泉に訪ね合戰の事を勸む / 21
  • 丹後國・河内國より京都に注進至る / 23
  • 山名氏清義理を説き同心せしむ / 25
  • 義滿義理に御書を以て心底を尋ぬ / 26
  • 義滿方の軍評定 / 28
  • 義滿方の軍の配備 / 31
  • 山名滿幸方の軍評定 / 33
  • 山名氏清陰陽博士に合戰の日を卜せしむ / 34
  • 小林義繁氏清に諫言す / 36
  • 山名方の軍の配備 / 39
  • 山名氏家の勢後陣となる / 41
  • 久下・中澤降參す / 42
  • 童部の奇瑞 / 44
  • 靈鳥の奇瑞 / 44
  • 垣屋・滑良の事 / 44
  • 大内義弘の奮戰 / 46
  • 小林義繁討死 / 50
  • 山名上總介高義討死 / 52
  • 明徳記 中
  • 山名滿幸戰に遲る / 55
  • 土屋黨死を覺悟する事 / 57
  • 義滿出陣す / 59
  • 山名滿幸の勢奮戰す / 62
  • 土屋黨討死す / 64
  • 鳩の奇瑞 / 68
  • 山名滿幸逃亡す / 68
  • 山名氏清決戰を覺悟す / 69
  • 上原入道の事 / 74
  • 赤松義則の事 / 75
  • 山名時凞奮戰す / 76
  • 垣屋・滑良討死す / 77
  • 一色詮範馳加はる / 80
  • 山名小次郎の事 / 83
  • 家喜九郎の事 / 86
  • 山名氏清討死す / 91
  • 山名小次郎討死す / 94
  • 武田下條の事 / 98
  • 熊來・高田の事 / 101
  • 山名氏清への批判 / 103
  • 土岐滿貞の事 / 104
  • 善應寺正範禪師供養す / 106
  • 山名小次郎の母の事 / 107
  • 死者の數 / 108
  • 明徳記 下
  • 義滿賞を行ふ / 111
  • 末廣入道の事 / 112
  • 山名滿幸伯耆に走る / 113
  • 時清・滿氏丹波に逃げ、更に紀伊に行く / 113
  • 山名氏清御臺の事 / 114
  • 時清・滿氏母に面會を求む / 119
  • 山名氏清の御臺の死 / 122
  • 御かいしやくの女房逹の事 / 122
  • 山名氏清の文 / 124
  • 塩冶駿河守富田の城に籠る / 125
  • 塩冶駿河守の切腹 / 128
  • 山名滿幸因幡に移る / 129
  • 山名氏家義滿に宥を乞ふ。山名滿幸出家 / 129
  • 山名滿幸誅せらる / 131
  • 山名氏家上洛す / 134
  • 大内義弘義理を討つ / 134
  • 山名義理由良に落つ / 137
  • 山名義理興國寺にて出家す / 141
  • 興國寺の事 / 142
  • 山名義理大神宮參拜 / 144
  • 三角柏の神事 / 146
  • 白鷺の奇瑞 / 150
  • 細河常久逝去 / 151
  • 三島入道の殉死 / 152
  • 義滿相國寺に佛事をなす / 154
  • 義滿賞を行ふ / 156

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明徳記
著作者等 富倉 徳次郎
書名ヨミ メイトクキ
書名別名 Meitokuki
シリーズ名 岩波文庫 ; 2899-2900
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和16
ページ数 189p 図版
大きさ 19cm
ISBN 4003013816
NCID BN03045747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46027305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想