平田篤胤

田原嗣郎 著

平田篤胤の思想は死後の世界を解明するために、宇宙の初発を知ることを中心として作られた。この世は寓世にすぎず、幽世こそ「本っ世」であるからである。宣長の学を受け継いだのも批判したのも、この立場からなのだ。それは政治的思想ではない。本書は篤胤の著書やその性格・伝記などの全体に亘って中正な観点から解説を加えたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 平田篤胤をどう扱うか
  • 2 本居宣長学の性格
  • 3 宣長学接触以前の篤胤
  • 4 平田学理解の方向
  • 5 平田学前期の著作と思想
  • 6 平田学の成熟
  • 7 関西への旅行と鈴門との関係
  • 8 平田学の拡張
  • 9 後期における生活と篤胤の性格
  • 10 平田学の性格

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 一 平田篤胤をどう扱うか / p1
  • 二 本居宣長学の性格 / p13
  • 1 宣長学の学問的・方法的性格 / p18
  • 2 宣長学の社会思想史的性格 / p48
  • 三 宣長学接触以前の篤胤 / p84
  • 1 江戸に出るまで / p84
  • 2 本居入門 / p91
  • 四 平田学理解の方向 / p95
  • 五 平田学前期の著作と思想 / p103
  • 1 初期の思想とその展開の方向 / p103
  • 2 「大意」段階の思想 / p124
  • 3 宣長学継受の意識と方向 / p139
  • 六 平田学の成熟 / p143
  • 1 平田学成熟期の著作(一)と生活 / p143
  • 2 平田学の特質 / p163
  • 3 平田学成熟期の著作(二) / p196
  • 七 関西への旅行と鈴門との関係 / p212
  • 八 平田学の拡張 / p221
  • 九 後期における生活と篤胤の性格 / p253
  • 一〇 平田学の性格 / p287
  • 略系図 / p313
  • 略年譜 / p314
  • 参考文献 / p323
  • 口絵
  • 平田篤胤肖像 巻頭
  • 平田篤胤・本居大平の贈答歌 巻頭
  • 『古史伝』の原稿 巻頭
  • 挿図
  • 本居宣長肖像 / p19
  • 荻生徂徠肖像 / p65
  • 松平定信肖像 / p76
  • 平田篤胤肖像 / p104
  • 篤胤自筆の和歌 / p133
  • 篤胤使用の机 / p145
  • 伴信友肖像 / p150
  • 門人教訓書 / p152
  • 『玉だすき』 / p158
  • 篤胤自筆和歌短冊 / p184
  • 『古史成文』 / p197
  • 『古史微開題記』 / p198
  • 『古史伝』の板木 / p200
  • 『古今妖魅考』 / p206
  • 本居大平肖像 / p213
  • 『神字日文伝』刊本 / p243
  • 悉曇文字五十音図 / p244
  • 神代文字、草体 / p244
  • 『門人帳』 / p250
  • 篤胤の墓 / p271
  • 篤胤の短歌 / p272
  • 『新鬼神論』に寄せられた本居大平のはしがき / p280

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 平田篤胤
著作者等 日本歴史学会
田原 嗣郎
書名ヨミ ヒラタ アツタネ
シリーズ名 人物叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1963
版表示 〔新装版〕
ページ数 324p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4642050558
NCID BN03027133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63008969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想