錯覚と脱錯覚 : ウィニコットの臨床感覚

北山修 著

本書は、わが国の精神分析の領域で、ここ10年くらいの間に刊行された著作をふり返って、最もクリエイティブでしかもすぐれてアカデミックな研究書の一つである。一見読者に近づきやすい語り口になっているが、決して本書は入門書ではない。むしろかなり高度の、著者北山修によるウィニコットWinnicott,D.W.の研究書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 魔女とハンプティ・ダンプティ
  • 第2章 精神医学のスナック・バー
  • 第3章 英語と日本語の間に
  • 第4章 その発達理論の裏地と表地
  • 第5章 楽観と悲観
  • 第6章 一次過程と二次過程の間で
  • 第7章 病理の理解と治療方針
  • 第8章 家族との関わり
  • 第9章 治療者のいるところで体験すること
  • 第10章 遊ぶこと、演じること
  • ある錯覚の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 錯覚と脱錯覚 : ウィニコットの臨床感覚
著作者等 北山 修
書名ヨミ サッカク ト ダツサッカク
書名別名 Sakkaku to datsusakkaku
出版元 岩崎学術出版社
刊行年月 1985.8
版表示 改訂版
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 4753304019
NCID BN03014288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86002746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想