侵略の生態学

チャールズ・S.エルトン 著 ; 川那部浩哉 [ほか]訳

動物相の歴史・生態学・自然保護の視点を統一しつつ生あるものの相互関係を掘り下げた所見から、文明の名のもとに行なわれている環境破壊の終結を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 侵略者
  • 2 ワレスの世界
  • 3 大陸への侵略
  • 4 孤島の運命
  • 5 海もまた変わる
  • 6 個体群どうしのバランス
  • 7 古い食物連鎖と新しい食物連鎖
  • 8 自然保護をする理由
  • 9 多様性を保護せよ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 侵略の生態学
著作者等 Elton, Charles S.
Elton, Charles Sutherland
大沢 秀行
安部 琢哉
川那部 浩哉
エルトン チャールズ・S.
書名ヨミ シンリャク ノ セイタイガク
書名別名 The ecology of invasion by animals and plants
出版元 思索社
刊行年月 1988.6
ページ数 223, 15p 図版17枚
大きさ 20cm
ISBN 478350153X
NCID BN03011053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88042389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想