日本の警察 : 警視庁vs.大阪府警

久保博司 著

二重帳簿だけではない。汚職、強盗、婦女暴行、失踪など不祥事が続出する警察権力の腐敗はどこに原因があるのか。東京・新宿署と大阪・曽根崎署への現場密着取材をはじめとして全国22万人の警察官のかくされた素顔と閉鎖的管理社会の実態を明らかにし、病める巨大組織・日本警察の苦悩に迫る力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「新宿署」は警告する
  • 第2章 ソフトに迫る大阪・曽根崎署
  • 第3章 警視庁VS.大阪府警
  • 第4章 警察官のかくされた素顔
  • 第5章 警察官管理の秘密
  • 第6章 警察運命共同体
  • 第7章 死に急ぐ警察官たち
  • 終章 日本警察はどこへいく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の警察 : 警視庁vs.大阪府警
著作者等 久保 博司
書名ヨミ ニホン ノ ケイサツ
書名別名 Nihon no keisatsu
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1987.9
ページ数 276p
大きさ 15cm
ISBN 4061840606
NCID BN03009335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87055686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想