様々な英語 : 母語として,民族語として

小林素文 著

英語はイングランドの地で育まれ根を張るようになったが、イングランドだけでなく周辺のケルトの国々、さらには海を越え世界の各地で根を張り育ってきた。本書では、それらを育ててきた<風土>、そのように育つ<木の本質>、そして<風土>と<木の本質>との組み合わせにより結果として生ずる「様々な英語」について述べたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 世界の中の英語、民族語としての英語
  • 第1章 英語発祥の地イングランドとケルトの国々(イングランドで英語が公用語および国語に至る長い道程
  • ケルトの国と英語と民族のアイデンティティ
  • 均一性と多様性を併せ持つイギリス英語と象徴としてのケルト語
  • 現代英語と英語の歴史)
  • 第2章 移住者からなる国々(「るつぼ社会」とアメリカ合衆国
  • 「モザイク社会」とカナダ
  • 「白人社会」とオーストラリア、ニュージーランド)
  • 第3章 様々な英語と母語の本質
  • エピローグ Englishes

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 様々な英語 : 母語として,民族語として
著作者等 小林 素文
書名ヨミ サマザマナ エイゴ
出版元 研究社
刊行年月 1989.3
ページ数 166p
大きさ 19cm
ISBN 4327400939
NCID BN03008161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90018166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想