消費函数

篠原三代平 著

[目次]

  • 目次
  • 序文 / p1
  • 第1章 消費函数の予備概念 / p1
  • I 消費函数の問題性 / p1
  • II 線型消費函数の意味 / p4
  • III 所得分配と消費函数 / p6
  • IV 貨幣単位と実質単位 / p8
  • V 消費函数と物価変動 / p14
  • VI 消費函数と乗数 / p17
  • 第2章 消費函数論争の前段階 / p19
  • I 問題 / p19
  • II 予測論争の発端 / p21
  • 1 ヘーゲンの予測 / p21
  • 2 サピアによるヘーゲン予測の検討 / p26
  • III 消費函数論争の展開 / p31
  • 1 総体消費函数による過渡期以後の予測 / p31
  • 2 クラインの相対価格導入の試み / p38
  • 3 バッスィーの人口を変数として導入する試み / p40
  • 4 ヴォイティンスキーの批評 / p45
  • 5 フレンド,ビーンの反撃とヴォイティンスキーの応酬 / p53
  • 第3章 モディリアーニ・デューゼンベリ仮説 / p63
  • I モディリアーニの寄与 / p63
  • 1 スミシーズ消費函数の批判 / p64
  • 2 モディリアーニ・ファクター / p67
  • 3 国民所得と総貯蓄との関係 / p71
  • II デューゼンベリの総合 / p76
  • 1 三つのデータ上の矛盾 / p76
  • 2 クズネッツ・データと家計調査データの調和 / p80
  • 3 クズネッツ・データと商務省データの調和 / p83
  • 第4章 消費函数諸研究の総括的評価-ファーバーとゴールドスミス- / p90
  • I ファーバーによる回顧と評価 / p90
  • II ゴールドスミスの新データによる総括 / p99
  • 第5章 流動資産仮説と相対所得仮説 / p110
  • I 相対所得仮説の他の側面 / p110
  • II トービンの流動資産仮説 / p112
  • III 総体貯蓄率の長期的不変に関する説明 / p119
  • IV フリードマンのトービン批評 / p122
  • V 「消費者資金調査」によるクラインの分析 / p124
  • 第6章 ミルトン・フリードマンの恒常所得仮説 / p136
  • I フリードマン仮説の骨子 / p137
  • II 恒常要因と所得弾力性 / p140
  • III 家計調査データと恒常所得仮説 / p144
  • IV 時系列データと恒常所得仮説 / p163
  • 第7章 恒常所得仮説論争 / p184
  • I モディリアーニ・ブランパーク仮説 / p184
  • II フイッシャーとフリードマン / p191
  • III クラインの批評 / p201
  • IV フレンド,クレーヴィスの分析 / p206
  • 第8章 わが国の消費・貯蓄構造とその変動形態 / p213
  • I 戦後の時系列消費函数 / p213
  • II 戦後消費函数の所得階層間分析 / p226
  • III 戦前の時系列消費函数 / p243
  • IV 戦前消費函数の所得階層間分析 / p252
  • V むすび / p272
  • 消費函数 文献目録 / p275
  • 索引 / p284

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 消費函数
著作者等 篠原 三代平
書名ヨミ ショウヒ カンスウ
書名別名 Shohi kansu
シリーズ名 経済分析全書
出版元 勁草書房
刊行年月 1958
ページ数 288p
大きさ 19cm
NCID BN03006596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58007594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想