歌舞伎美論

河竹登志夫 著

[目次]

  • 1 歌舞伎美の普遍と特殊(解舞伎研究と西洋-国際比較の視点
  • 歌舞伎の様式-「型」の美学
  • 歌舞伎の劇性-日本的ドラマの特質)
  • 2 歌舞伎美の構造と位相(歌舞伎のバロック的性格-世界演劇の中の位置
  • 歌舞伎独自の二つの「道」-「道」にみる日本美
  • 浄瑠璃・歌舞伎の劇的性格-日本人の悲劇観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌舞伎美論
著作者等 河竹 登志夫
書名ヨミ カブキ ビロン
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1989.1
ページ数 244, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4130800876
NCID BN03005899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89024477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想