事態構造論序説 : 心理学におけるひとつの視座

寺岡隆 著

本書で扱う「事態構造論」とは、簡単にいえば、心理学における個々の実験事態の論理的な構造特性を明確に表現することを提唱するひとつの立場のことである。本書は、事態構造分析のいくつかの例を挙げたものであって、厳密さや精緻さよりはできるだけ平易に概念的な水準で入門風に書かれたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 事態構造論の概念
  • 第2章 不確定性の構造
  • 第3章 選択方略の構造
  • 第4章 概念の構造
  • 第5章 訓練の構造
  • 第6章 主観的特性の構造
  • 第7章 対人利得関係の構造
  • 第8章 3人関係の構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 事態構造論序説 : 心理学におけるひとつの視座
著作者等 寺岡 隆
書名ヨミ ジタイ コウゾウロン ジョセツ
書名別名 Jitai kozoron josetsu
出版元 福村
刊行年月 1989.2
ページ数 551p
大きさ 22cm
ISBN 4571210248
NCID BN03005119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89023800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想