日本経済史  7

梅村又次 [ほか]編

日中戦争の勃発、太平洋戦争へ…そして敗戦・戦時・戦後の激動の時代に日本経済はどのように動いたか。崩壊と復興の過程をつぶさにたどり、高度成長前夜の状況を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概説 1937-54年(戦時経済体制の展開と破局
  • 戦後改革と経済復興)
  • 2 戦時統制(戦時経済への動員
  • 全面戦争下の日本経済
  • 戦時統制の帰結)
  • 3 戦後民主化と経済再建(「非軍事化」と「民主化」
  • 「非軍事化」から「経済復興」へ
  • 経済復興への道
  • 「経済復興」から「日本再軍備」へ)
  • 4 戦時・戦後の産業と企業(戦時期の産業構造
  • 復興期の産業構造
  • 大企業の動向
  • 中小企業の動向
  • 農業の変容)
  • 5 戦時・戦後の社会(国土の将来像をめぐって
  • 近衛新体制と国土計画
  • 戦後民主化と国土計画)
  • 6 高度成長への出版(マクロ的特徴
  • 産業合理化
  • 企業体制の整備
  • 高度成長への離陸)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済史
著作者等 中村 隆英
梅村 又次
書名ヨミ ニホン ケイザイシ
書名別名 「計画化」と「民主化」
巻冊次 7
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.1
ページ数 321, 8p
大きさ 22cm
ISBN 400003457X
NCID BN03001515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89021249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想