道徳教育

海後勝雄, 鈴木清 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一章 道徳教育とはなにか
  • 第一節 道徳の特質と道徳教育 / p3
  • 1 主体性と内面性 / p3
  • 2 社会性と判断 / p4
  • 3 実践との統一 / p6
  • 4 道徳教育の任務 / p8
  • 第二節 民主主義と道徳教育 / p9
  • 第三節 道徳教育の内容 / p16
  • 1 日常的な生活規範 / p17
  • 2 集団における結合関係 / p19
  • 3 社会的生活における徳性 / p22
  • 4 人間性への自覚 / p26
  • 第二章 道徳教育の歴史的背景
  • 第一節 道徳教育の社会的基底 / p29
  • 第二節 道徳教育の歴史的形態 / p31
  • 第三節 わが国における道徳教育 / p38
  • 第四節 戦後の道徳教育とこんにちの課題 / p42
  • 第三章 道徳性の発達
  • 第一節 道徳性の意義 / p48
  • 第二節 道徳性発達の方向 / p49
  • 第三節 道徳性発達の学年的特徴 / p51
  • 1 善悪の判断 / p53
  • 2 ルールの理解 / p54
  • 3 グループ意識 / p56
  • 4 友人関係 / p57
  • 5 異性意識 / p58
  • 6 自我意識 / p60
  • 7 自主的傾向 / p61
  • 8 小学校低学年の特徴 / p62
  • 9 中学年の特徴 / p63
  • 10 高学年の特徴 / p64
  • 11 中学生の特徴 / p65
  • 第四章 学校における道徳指導
  • 第一節 学校としての任務 / p67
  • 第二節 学校の教育活動と道徳指導 / p71
  • 1 教科と道徳指導 / p73
  • 2 教科以外の活動と道徳指導 / p75
  • 第三節 指導上の問題点 / p78
  • 1 統一的な人格の形成 / p79
  • 2 環境と個人差の問題 / p81
  • 3 発展的な指導の問題 / p82
  • 第五章 道徳の時間の立場と性格
  • 第一節 道徳の時間設置の意義 / p86
  • 1 設置の趣旨 / p86
  • 2 系統化と内面化 / p90
  • 第二節 道徳の時間の目標と内容 / p95
  • 1 道徳の時間の目標 / p95
  • 2 道徳の時間の内容 / p97
  • 第六章 道徳の時間の計画
  • 第一節 道徳教育の計画 / p100
  • 第二節 道徳の時間の指導計画 / p102
  • 1 指導計画の必要 / p102
  • 2 指導計画のつくりかた / p102
  • 3 主題 / p103
  • 4 指導計画にもられるべき要素 / p105
  • 5 指導計画作成上の留意事項 / p107
  • 第七章 道徳の時間における指導の方法
  • 第一節 道徳教育における直接的方法と間接的方法 / p113
  • 第二節 道徳の時間における指導の諸形態 / p117
  • 1 話しあい / p118
  • 2 説話 / p119
  • 3 読みものの利用 / p120
  • 4 視聴覚教材の利用 / p122
  • 5 劇化 / p123
  • 6 実践活動 / p125
  • 第八章 道徳の時間における評価
  • 第一節 道徳教育における評価の立場 / p128
  • 1 評価の必要性 / p128
  • 2 道徳の時間における評価の特質 / p129
  • 3 評価の対象 / p132
  • 第二節 道徳性の評価 / p134
  • 1 行動(基本的行動様式)の評価 / p134
  • 2 判断の評価 / p137
  • 3 心情の評価 / p138
  • 4 態度の評価 / p140
  • 第三節 指導計画・方法の評価 / p142
  • 1 指導計画評価の観点 / p142
  • 2 指導方法評価の観点 / p144
  • 3 計画・方法評価の資料 / p147
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 道徳教育
著作者等 海後 勝雄
鈴木 清
書名ヨミ ドウトク キョウイク
書名別名 Dotoku kyoiku
シリーズ名 新・教職教養シリーズ
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 1962
ページ数 148p
大きさ 19cm
NCID BN02981203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62007642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想