国際貿易論

藤井茂 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 國際貿易理論の課題 / 1
  • 第一節 序説 / 1
  • 第二節 國際貿易理論の出發點 / 3
  • 第三節 近代的國際貿易理論の發展 / 7
  • 第四節 國際貿易理論と厚生分析 / 16
  • 第二章 古典學派の國際貿易理論 / 29
  • 第一節 序説 / 29
  • 第二節 比較生産費の原理 / 31
  • 第三節 貿易利益證明上の諸問題 / 39
  • 第四節 國際價値論 / 54
  • 第五節 交易條件と貿易利益 / 63
  • 第三章 古典學派國際貿易理論の展開 / 71
  • 第一節 古典學派國際貿易理論の前提 / 71
  • 第二節 勞働生産費と貨幣價格 / 72
  • 第三節 可變生産費への擴張 / 85
  • 第四節 運送費の導入 / 99
  • 第五節 多數國多數商品の導入 / 101
  • 第四章 國際貿易利益の國内的分配 輸入の國民經濟的影響 / 113
  • 第一節 生産要素の移動性に關する前提の吟味 / 113
  • 第二節 クールノーの推論 / 116
  • 第三節 バローネの理論 / 121
  • 第四節 生産要素の性質の分析 / 128
  • 第五節 ハーバラーとメーリング / 131
  • 第六節 生産縮小の限界點 / 135
  • 第七節 勞働の移動性 / 139
  • 第八節 輸出の國民經濟的影響 / 142
  • 第九節 結語 / 148
  • 第五章 國際貿易理論の貨幣的側面 / 151
  • 第一節 序説 / 151
  • 第二節 古典學派の國際貨幣機構論 / 155
  • 第三節 國際貨幣機構論の發展 / 162
  • 第四節 個別價格水準の分析 / 169
  • 第五節 紙幣本位制下の國際貨幣機構 / 177
  • 第六節 購買力平價説 / 183
  • 第七節 國際資本移動と需要變動 / 193
  • 第六章 均衡理論的貿易理論 その一 代置費用説 / 205
  • 第一節 序説 / 205
  • 第二節 ハーバラーの代置費用説 / 207
  • 第三節 ハーバラーの代置費用説批判 / 214
  • 第四節 無差別曲線の方式と厚生分析 / 222
  • 第七章 均衡理論的貿易理論 その二 一般均衡理論 / 241
  • 第一節 序説 / 241
  • 第二節 インテマの數學的表示 / 245
  • 第三節 オーリンの貿易理論 / 253
  • 第四節 オーリンの理論と貿易利益 / 263
  • 第五節 一般均衡理論的貿易理論の整備 / 271
  • 第八章 雇傭理論的貿易理論 / 277
  • 第一節 序説 / 277
  • 第二節 貿易の質と量 / 279
  • 第三節 國際均衡の性質 / 286
  • 第四節 國際均衡調節機構 / 292
  • 第五節 國際資本移動と國際均衡 / 298
  • 第六節 金流出入と國際均衡 / 302
  • 第七節 景氣循環と金流出入 / 308
  • 第八節 輸出量と貿易差額 / 315
  • 第九章 新國際經濟機構の理論的基礎 / 327
  • 第一節 序説 / 327
  • 第二節 新國際經濟機構の基盤 / 329
  • 第三節 新國際經濟機構の組織原理 / 333
  • 第四節 完全雇傭と景氣循環の統制 / 339
  • 第五節 新國際通貨制度 / 343
  • 第六節 關税と雇傭量 / 349
  • 第七節 國際投資と完全雇傭 / 356
  • 件名索引 / 361
  • 人名索引 / 372
  • 參考文獻 / 最終頁ヨリ1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国際貿易論
著作者等 藤井 茂
書名ヨミ コクサイ ボウエキ ロン
シリーズ名 世界経済学講座 ; 第14巻
出版元 国元書房
刊行年月 昭和23
版表示 増補
ページ数 387p
大きさ 22cm
NCID BA33422838
BA60300491
BN02978730
BN05000943
BN07560596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46021861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想