土地問題総点検 : 土地神話への挑戦

本間義人 著

1985年から東京都心部の商業地に端を発した地価暴騰は、大阪圏、名古屋圏にまでおよんでいる。本書は1988年にまとめられた土地臨調の最終答申をテクストとし、学際的にアプローチした市民、学生のための土地問題に関する最良の入門書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 福祉社会形成の条件
  • 第1部 土地問題の状況-その基本的構造と論点(都市を歪める地価暴騰
  • 地価暴騰の原因と構造
  • わが国の土地政策
  • 土地政策の基本的考え方)
  • 第2部 あるべき土地政策-地価暴騰に対処する方策の検討(法制度の的確な運用
  • 宅地大量供給の限界
  • 宅地並み課税論の是非
  • 土地税制についての考え方
  • 規制緩和策への疑問
  • 都市計画と再開発
  • 大規模プロジェクトの虚実
  • 国公有地の利活用策
  • 一極集中是正策の効果
  • 土地行政のあり方)
  • 第3部 土地政策の方向を考える-公共財としての土地利用(公共財への発想の転換
  • 開発利益の社会的還元
  • 地方分権へ
  • 住宅対策の充実)
  • 結章 土地基本法の制定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土地問題総点検 : 土地神話への挑戦
著作者等 本間 義人
書名ヨミ トチ モンダイ ソウテンケン
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1988.12
ページ数 342, 8p
大きさ 19cm
ISBN 464118108X
NCID BN02960291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89022651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想