新日本古典文学大系  39

佐竹昭広 ほか編

自然に囲まれた方一丈の空間に限りない慰めを見い出す方丈記。欠けたる月、祭りの後を愛で、人の心の無常を異様な好奇心をもって描写した徒然草。日本人の心性を鋭く造形した中世文学の最高峰2篇が、最古の様態をいきいきと伝える本文と創造的注解によって、あざやかに蘇る。付録として、池亭記、兼良本方丈記・略本3種・鴨長明集、徒然草地名・人名一覧等を収載。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新日本古典文学大系
著作者等 久保田 淳
佐竹 昭広
吉田 兼好
山田 孝雄
西尾 実
鴨 長明
書名ヨミ シン ニホン コテン ブンガク タイケイ
書名別名 徒然草

方丈記
巻冊次 39
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.1
版表示 改訂
ページ数 404p
大きさ 22cm
ISBN 4002400395
NCID BA32798474
BA32798645
BA5192450X
BB0078849X
BN01037704
BN01044619
BN0104519X
BN01534582
BN02667912
BN02946508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89018073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
徒然草 ト部兼好, 久保田 淳
方丈記 鴨 長明, 佐竹 昭広
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想