江戸の賤民

石井良助 著

幕藩体制下、「猿飼」「乞胸」「穢多」「非人」などと呼ばれ差別されていた賎民とは、どのような人たちで、どのような暮らしを強いられていたのか。また、明治四年の賎民解放令は、どのような事情のもとに公布されたのか。その歴史的経緯と法的位置づけを法制史の第一人者がわかりやすく論じた近世賎民論の名著。「江戸の賎民」「賎民解放令」の論考と、対談「近世賎民制の構造と位置づけ」の三部からなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 江戸の賎民(猿飼、茶筅、夙および乞胸-江戸時代賎民の位置附けに関する一つの試み
  • 近世賎民に関する若干の考察-とくに穢多と非人との関係について
  • 乞胸補考
  • 江戸封建体制下の差別)
  • 2 賎民解放令(明治四年のいわゆる賎民解放令について
  • 明治四年の賎民解放令をめぐって
  • 明治初期被差別部落と賎民解放令と渋沢栄一-書評『史料集明治初期被差別部落』)
  • 3 対談 近世賎民制の構造と法的位置づけ(石井良助・荒井貢次郎)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 江戸の賎民(猿飼、茶筅、夙および乞胸-江戸時代賎民の位置附けに関する一つの試み
  • 近世賎民に関する若干の考察-とくに穢多と非人との関係について
  • 乞胸補考
  • 江戸封建体制下の差別)
  • 2 賎民解放令(明治四年のいわゆる賎民解放令について
  • 明治四年の賎民解放令をめぐって
  • 明治初期被差別部落と賎民解放令と渋沢栄一-書評『史料集 明治初期被差別部落』)
  • 3 対談 近世賎民制の構造と法的位置づけ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の賤民
著作者等 石井 良助
書名ヨミ エド ノ センミン
書名別名 Edo no senmin
出版元 明石書店
刊行年月 1989.4
ページ数 258, 13p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-3739-5
NCID BB11413422
BN02943747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89048503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想