大学制度の社会史

ハンス=ヴェルナー・プラール [著] ; 山本尤 訳

中世における起源から現代までのヨーロッパ大学制度の形成過程を、教授・学生の組織と生活、講義や試験、学位と就職等々にわたり、時代背景との関連で巨細に追究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序-千年の黴?
  • 2 揺らん期-文筆家文化とアカデミー
  • 3 中世(社会史的発展傾向
  • 最初の大学-ボローニャとパリ
  • 経済的基盤
  • 試験と学位
  • 大学と社会構造 ほか)
  • 4 領邦国家の時代(大学の発展
  • イエズス会の影響
  • 大学と職業 ほか)
  • 5 絶対主義の時代(社会史的発展傾向
  • 教授内容と学習形態
  • アカデミーと専門学校 ほか)
  • 6 文化国家から産業資本主義へ(大学の理想主義的新生
  • 改革と復古の狭間における大学
  • 専門学校と工科大学
  • 科学技術と文教政策
  • 大学経営と大学政策
  • 大学と職業 ほか)
  • 7 ワイマール共和国における大学
  • 8 ナチ時代の大学
  • 9 1945年以後のドイツの大学
  • 10 欠陥部分と将来の見通し
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学制度の社会史
著作者等 Prahl, Hans-Werner
山本 尤
プラール ハンス・ヴェルナー
書名ヨミ ダイガク セイド ノ シャカイシ
書名別名 Sozialgeschichte des Hochschulwesens
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 256
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1988.12
ページ数 348, 50p
大きさ 20cm
ISBN 4588002562
NCID BN02923353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89018936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想