中世住居史 : 封建住居の成立

伊藤ていじ 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 全建築構成の中での住居の位置 / p7
  • 第一 木割術の存在 / p7
  • 第二 建築技術の分裂 / p12
  • 第三 木割術の性格 / p19
  • 第四 間面記法住宅の性格 / p23
  • 第五 技術系統と大工職人 / p29
  • 第六 城郭と茶室における問題 / p37
  • 第二章 中世郷民の家族構成と家主層の分解 / p47
  • 第一 小五月銭納帳における登録人 / p47
  • 第二 本屋・家主 / p55
  • 第三 本家・別家関係 / p65
  • 第四 相続形式の変化 / p78
  • 第五 室町時代の借屋 / p91
  • 第六 近世初期の借屋建築 / p104
  • 第三章 室町時代の農家 / p111
  • 第一 千年家 / p111
  • 第二 名主層の屋敷構え / p119
  • 第三 住居規模 / p129
  • 第四 平面形式 / p138
  • 第五 建築構造と建設 / p153
  • 第六 畳・建具・壁 / p165
  • 第四章 室町時代の町屋 / p175
  • 第一 類型の成立と零細土地所持 / p175
  • 第二 住居規模 / p179
  • 第三 平面形式 / p186
  • 第四 建築構造 / p191
  • 第五 卯建 / p199
  • 第五章 近世住居への転換過程 / p206
  • 第一 近世初期の住居 / p206
  • 第二 大工道具の発展 / p216
  • 第三 建築材料の手工業的規格化 / p223
  • 第四 構造技術の進歩 / p240
  • 第五 内法柱間制の成立 / p245
  • 第六 近世住居への転換期 / p250
  • 第七 桂離宮の位置と性格 / p261
  • 附表
  • 1 間面記法住宅表
  • 2 小五月銭郷地口及び住居表
  • 3 餅飯殿町(郷)地口変遷表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中世住居史 : 封建住居の成立
著作者等 伊藤 ていじ
書名ヨミ チュウセイ ジュウキョシ : ホウケン ジュウキョ ノ セイリツ
シリーズ名 東大学術叢書 ; 第14
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1958
版表示 第2版
ページ数 276p
大きさ 18cm
ISBN 413020033X
NCID BN00519834
BN02915231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58008616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想