復讐する神話 : 松下幸之助の昭和史

立石泰則 著

没落小地主の子供に生まれて「経営の神様」にまで登りつめた松下幸之助。その幸之助神話で家電界の雄に君臨した世界のマツシタは、同時に幸之助が下したある決断に苦悩する。企業にとってトップとは一体、何なのかを真っ正面から問う書きおろしノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 山下俊彦社長就任劇の謎
  • 第2章 幸之助の前線復帰-熱海会談
  • 第3章 コンピュータ撤退
  • 第4章 同族経営の時代
  • 第5章 番頭体制の時代
  • 第6章 2人の大番頭-丹羽正治と高橋荒太郎
  • 第7章 最大の危機-PHP運動の開始
  • 第8章 戒律なき宗教
  • 第9章 批判される商法-消費者運動の波
  • 第10章 パナファコム-富士通との提携
  • 第11章 山下俊彦の9年間
  • 第12章 神話は呪縛する
  • 第13章 松下正治の12年間
  • 第14章 もうひとつの「山下社長就任劇」
  • 第15章 「神様」とは何だったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 復讐する神話 : 松下幸之助の昭和史
著作者等 立石 泰則
書名ヨミ フクシュウスル シンワ
出版元 文芸春秋
刊行年月 1988.12
ページ数 374p
大きさ 20cm
ISBN 4163428607
NCID BN02906977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89016721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想