消費構造と物価

辻村江太郎 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 序章 エンゲルの法則 / p3
  • 第1章 エンゲル法則と経済成長 / p11
  • 1.1 各国の家計調査資料に示される消費の法則 / p14
  • 1.2 消費構造の横断面国際比較 / p17
  • 1.3 長期時系に現われた消費構造の変化 / p22
  • 1.4 消費構造変化に影響する諸要因 / p25
  • 1.5 わが国家計調査のクロス・セクションと時系列 / p28
  • 第2章 経験法則と経済理論 / p43
  • 第3章 限界効用と支出配分 / p52
  • 第4章 所得水準と消費構造 / p62
  • 第5章 総効用と無差別曲線 / p66
  • 第6章 相対価格と消費構造 / p77
  • 第7章 独立財・代用財・補完財 / p84
  • 7.1 完全補完・完全代用と無差別曲線 / p88
  • 第8章 消費主体としての家計と世帯人員 / p93
  • 第9章 消費の理論と計量分析 / p110
  • 第10章 戦後の消費関数論争とその遺産 / p119
  • 第11章 消費者の習慣形成と保有量調整 / p134
  • 11.1 「保有量調整効果」 / p135
  • 11.2 習慣形成の効果 / p139
  • 11.3 習慣形成と保有量調整 / p142
  • 第12章 心理的-,物的-,保有量の変化と統計資料 / p148
  • 第13章 消費者行動理論のまとめと選好関数の具体形 / p153
  • 13.1 一般論のまとめ / p153
  • 13.2 2次形式の効用指標 / p157
  • 13.3 ゴッセン型の選好関数 / p160
  • 13.4 ベルヌイ-ラプラス型選好関数 / p168
  • 第14章 消費構造と物価 / p175
  • 第15章 選好関数および多費目消費関数の測定 / p210
  • 15.1 測定上の問題点 / p210
  • 15.2 変数の観測誤差と重複共線性 / p217
  • 15.3 16費目に関する素朴な最小自乗推定 / p222
  • 15.4 選好パラメターの制約付回帰と需要関数の適合度 / p229
  • 15.5 選好パラメターの加重同時推定法 / p236
  • 15.6 制約付回帰推定法 / p245
  • 第16章 実測された選好関数と消費構造-潜在需要の測定と物価変動- / p257
  • 16.1 制約付加重同時推定の結果 / p257
  • 16.2 多費目消費需要関数の統計的適合度 / p262
  • 16.3 実測された限界効用曲線と無差別曲線 / p265
  • 16.4 習慣形成による選好変位 / p276
  • 16.5 物価変動と潜在需要 / p283

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 消費構造と物価
著作者等 辻村 江太郎
書名ヨミ ショウヒ コウゾウ ト ブッカ
シリーズ名 経済学全集
出版元 勁草書房
刊行年月 1968
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 4326548010
NCID BN02903800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68001791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想