精神分析治療の進歩

西園昌久 著

日本の精神分析治療の開拓者、先駆者として活躍してきた著者が、カーンバーグ、ウィニコット,クライン,コフートなどの理論を批判的に紹介しつつ、新しい治療の方向を示した書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 精神分析の進歩(治療技法としての精神分析の進歩
  • 力動精神医学の展開)
  • 2 精神病理の精神力動(神経症と精神病のちがい
  • 精神分裂病の治癒可能性
  • 壮年期のうつ病と神経症
  • 愉悦の精神病理)
  • 3 精神分析・力動的精神療法の技法(精神分析技法の修正と発達
  • 解釈することの意味
  • 治療抵抗性病態へのアプローチ)
  • 4 精神分析における父親と母親(身体的自我の構造
  • 精神分析療法における父親
  • 甘えの二重構造-母子関係理論への提言)
  • 5 文化と精神障害(精神療法-東洋と西洋
  • プリミティブな人格障害の治療
  • 不安と抑うつ-現代人の精神状況
  • 自己臭恐怖-タテ社会における対人関係の今日の病理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析治療の進歩
著作者等 西園 昌久
書名ヨミ セイシン ブンセキ チリョウ ノ シンポ
書名別名 Seishin bunseki chiryo no shinpo
出版元 金剛
刊行年月 1988.10
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 4772402950
NCID BN02903028
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89036499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想