「韓非子」の知恵

狩野直禎 著

権謀術数渦まく戦国の世。人心を掌握し、統治の実効をあげる必策とは何か?冷徹な人間観察と現実主義に立って、厳格な「法」の適用と、信賞必罰の「術」を説き、秦の始皇帝のブレインとなった思想家・韓非。現代を超えて読みつがれる古典には、現代を生きぬく貴重な示唆と知恵がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 よみがえる韓非思想
  • 2 韓非の生涯とその時代
  • 3 花ひらく"諸子百家"の思想
  • 4 『韓非子』を読む
  • 5 読みつがれる『韓非子』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「韓非子」の知恵
著作者等 狩野 直禎
書名ヨミ カンピシ ノ チエ
シリーズ名 韓非子 (経典)
講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1987.4
ページ数 193p
大きさ 18cm
ISBN 4061488538
NCID BN02899292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87034176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想