個を生かす授業をつくる

村井守 編著

最近、授業がつまらないという子どもが増えているといわれます。現在、一般に行われている、いわゆる「一斉授業」は、一人の教師が、一定の時間内に同じ質、同じ量の内容を、多数の子どもに同時に伝えられるという点では、確かにすぐれた方法ですが、反面、教室にいる子どもたちに共通性が少ない場合、非常に成立がむずかしいという欠点があります。この本では、こうした現実を見つめながら「教室にいる子どもたちみんなが、生き生きと参加する授業」がつくれないかを考えてみました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 子どもたち一人ひとりを見なおしてみる
  • 2章 「個を生かす授業」をイメージ化する
  • 3章 「個を生かす授業」の工夫をみる
  • 4章 「個を生かす授業」をつくる
  • 5章 実践校の取組みをレポートする

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 個を生かす授業をつくる
著作者等 日本教育工学協会
村井 守
書名ヨミ コ オ イカス ジュギョウ オ ツクル
シリーズ名 授業に活かす教育工学 12
出版元 ぎょうせい
刊行年月 1988.10
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 4324012830
NCID BN02888591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89009564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想