論集沖縄の集落研究

田里友哲 著

[目次]

  • 論集 沖縄の集落研究
  • 目次
  • 第一部 沖縄における開拓集落の研究
  • はじめに / 3
  • 1 沖縄の集落の研究成果 / 3
  • 2 本研究の課題と研究の方法 / 7
  • 第1章 沖縄本島の屋取集落
  • 第1節 屋取集落の分布 / 12
  • 1 沖縄島における村落の増減の大要 / 12
  • 2 士族人口比率と屋取集落の分布 / 18
  • 3 屋取集落の分布(地域別) / 24
  • 第2節 屋取集落の形成過程と類型 / 51
  • 1 屋取集落の語義とその概念 / 51
  • 2 屋取集落の発生時期 / 52
  • 3 屋取集落の立地と形態 / 59
  • 4 形成過程とその類型 / 69
  • 第3節 屋取集落の社会組織 / 74
  • 1 本村と屋取の交渉関係 / 74
  • 2 姓氏別構成 / 76
  • 3 土地所有の関係 / 79
  • 第2章 宮古諸島の添集落
  • 第1節 行政村落の推移 / 90
  • 1 近世初期の新設村落(第1期) / 90
  • 2 分村による新設村の設定(第2期) / 91
  • 3 近世末期の二つの新設村(第3期) / 92
  • 第2節 添集落の形成と分布(第4期) / 94
  • 1 添集落の形成と槪念 / 94
  • 2 名子と添集落 / 97
  • 3 ヤマグと添集落 / 98
  • 4 集落分布の特色 / 99
  • 第3節 添集落の立地と形態 / 102
  • 1 洞窟泉と集落の立地 / 102
  • 2 掘抜井戸と集落の立地 / 103
  • 3 添集落の形態 / 105
  • 第4節 添集落の社会組織 / 113
  • 1 添集落と本村との関係 / 113
  • 2 添集落の族称構成 / 115
  • 3 添村の土地所有形態 / 118
  • 第3章 八重山諸島の強制移住集落
  • 第1節 行政区画の推移 / 122
  • 第2節 集落の形成と廃村過程 / 126
  • 1 強制移住集落の形成 / 126
  • 2 人頭税と廃村 / 136
  • 3 自然災害と廃村 / 149
  • 4 マラリア風土病と廃村 / 158
  • おわりに / 165
  • 1 沖縄本島の屋取集落 / 165
  • 2 宮古諸島の添集落 / 168
  • 3 八重山諸島の強制移住集落 / 170
  • 4 むすび / 170
  • 第2部 沖縄の集落の歴史地理
  • 第4章 沖縄の自然と集落立地とのかかわり
  • 1 蔡温の学んだ地理と風水説 / 175
  • 2 球陽に見られる村落移動と風水説 / 178
  • 3 風と水と集落 / 180
  • 第5章 集落からみた沖縄本島中・南部地域の変容
  • はじめに / 186
  • 第1節 戦前の集落分布と地域の概観 / 186
  • 1 那覇市とその周辺地域 / 186
  • 2 中・南部の農村地域 / 189
  • 第2節 戦後の米軍駐留による地域の変容 / 189
  • 1 基地の設定に併う集落の移動 / 189
  • 2 都市化の二つのパターン / 191
  • 第6章 コザ市の都市形成についての一考察
  • はじめに / 195
  • 第1節 臨時集落の成立(戦時占領期) / 197
  • 第2節 戦後行政の推移(戦後占領期) / 199
  • 1 胡差市制の発足 / 199
  • 2 越来村の復活 / 200
  • 3 村長公選とビジネスセンター構想 / 201
  • 第3節 都市形成の過程(戦後復興期) / 204
  • 1 基地恒久化に伴なう都市化の展開-創設期 / 204
  • 2 市制の発足と都市機能の確充-確立期 / 216
  • 3 基地都市的性格の形成-成長期 / 224
  • あとがき / 239
  • あとがき / 301
  • 図表一覧(附録を除く)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 論集沖縄の集落研究
著作者等 田里 友哲
書名ヨミ ロンシュウ オキナワ ノ シュウラク ケンキュウ
書名別名 Ronshu okinawa no shuraku kenkyu
出版元 離宇宙社
刊行年月 1983.3
ページ数 306p
大きさ 22cm
NCID BN02887158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87046821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想