灼熱の氷惑星 : 地球との接触でノア大洪水が再襲来

高橋実 著

[目次]

  • 推せんのことば / 1
  • 第一章 仮説への道 / 9
  • 1 地球の近傍を通った巨大な天体から地球に水が移された・・・・・・? / 11
  • 2 ある因縁の旅 / 16
  • 3 仮説の出発点 / 31
  • 4 恐ろしく周期の長い惑星か / 35
  • 5 「人文」資料の中に見る大異変の痕跡 / 39
  • 6 予知の形跡 / 43
  • 第二章 謎の大天体の構造 / 45
  • 1 天体Mは、こんな構造をもっている / 47
  • 2 謎の天体は地球型天体(固体天体)ではなかった / 53
  • 3 どうしてこのような天体ができたのか? / 57
  • 4 長楕円軌道をもった天体Mはミズ天体になった / 75
  • 第三章 大天体地球の近傍を通過 / 79
  • 1 天体M、地球と一五〇〇キロメートルのところを通過 / 81
  • 2 天体Mの大水圏 / 84
  • 3 天体Mの永殻 / 94
  • 4 大異変のコース / 99
  • 5 白日の大異変-〝天の窓〟が開いた!! / 107
  • 6 〝天の窓〟はクロコダイル型 / 111
  • 第四章 暁闇の大異変<ノアの大異変はこのようにして起った> / 115
  • 1 天体M先行型・午前六時の異変 / 117
  • 2 驚異のサハラ砂漠 / 121
  • 3 サハラ砂漠の残した手がかり / 130
  • 4 ノアの余水 / 138
  • 第五章 地質時代の謎を解く<大衝突の概念は変わった> / 151
  • 1 水天体との衝突とその事象 / 153
  • 2 マンモスの謎 / 158
  • 3 炭田の不思議 / 163
  • 4 氷河の謎 / 169
  • 5 砂漠型の異変 / 173
  • 6 〝砂〟も天体Mからきている!! / 175
  • 7 〝砂〟は灼熱されていた / 178
  • 8 いったい何が飛んできたのだ? / 180
  • 9 石油の起源について / 181
  • 第六章 人類はどうなる? / 183
  • 1 氷結の天体-それとの直接衝突 / 185
  • 2 始源地殻のアイソスタシー / 187
  • 3 生態系絶滅の異変 / 196
  • 4 直接衝突は本当にあったのだろうか / 205
  • 5 北極圏の大氷塊群 / 207
  • 6 二畳紀異変と南極大陸の氷 / 209
  • 7 人類は今後、どこまで追いつめられるか? / 214
  • 著者あとがき / 217

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 灼熱の氷惑星 : 地球との接触でノア大洪水が再襲来
著作者等 高橋 実
書名ヨミ シャクネツ ノ コオリ ワクセイ
出版元 原書房
刊行年月 1975
ページ数 221p
大きさ 19cm
NCID BN02885174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69010999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想