ラムフォード伝 : スパイ・軍人・政治家そして大物理学者

奥田毅 著

物理学者といえばまずガリレオ、ニュートン、アインシュタイン等の名前が浮かんでくるのが普通であるがフランクリンとかベンジャミン・トンプソンのような専門外研究者による立派な業績があることも忘れてはならない。とくにベンジャミン・トンプソン(ラムフォード)は、軍人でありスパイであり政治家であり社会事業家であり実験物理学者でもあった。熱に関する実験的研究は物理学史に永久に残るであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 修養時代
  • 教師から軍人に
  • ロンドンにて
  • ヨーロッパ大陸へ
  • 伝熱の研究
  • 摩擦による発熱
  • ババリアからの出国
  • 王立研究所
  • ババリア訪問
  • 死後の批評
  • その後の王立研究所
  • ベンジャミン・トンプソン略年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラムフォード伝 : スパイ・軍人・政治家そして大物理学者
著作者等 奥田 毅
書名ヨミ ラムフォード デン
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 1988.11
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 475362045X
NCID BN02882722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89010652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想