中国の隠遁思想 : 陶淵明の心の軌跡

小尾郊一 著

日本人にとっての隠遁とは、俗塵から解放された世捨て人の生活を想像させるが、中国の場合、政争に敗れた官僚が安全のために身を隠すことであり、自己主張を貫く手段で、常に官界復帰の時宜を見据えた現実的行動であったが、この人々も、老荘思想との出会いにより、山野に親しみ暮らすことの意義を見出すようになる。本書は、隠遁という行為をとおして、後漢から宋の陶淵明の時代にいたるまでの、中国人の思考の変遷をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 隠遁の流れ
  • 2 隠遁のはじまり
  • 3 不満からの逃避
  • 4 自由へのあこがれ
  • 5 山水を楽しむ
  • 6 陶淵明
  • 7 謝霊運
  • 付 西洋、日本における美の認識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国の隠遁思想 : 陶淵明の心の軌跡
著作者等 小尾 郊一
書名ヨミ チュウゴク ノ イントン シソウ
書名別名 Chugoku no inton shiso
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.12
ページ数 193p
大きさ 18cm
ISBN 4121009029
NCID BN02882493
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89018648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想