心理学の最前線

ジョナサン・ミラー 編 ; 橋本仁司 監訳

心理学はどこまできたか。コンピュータ・サイエンス、精神医学・文化人類学等、精神の理解に向けて果敢に他分野と交流する心理学の"いま"を、英米の第一線で活躍中の研究者たちが語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現代心理学の歴史的背景(ジョージ・ミラー)
  • 2 認知心理学の発展-発達心理学(ジェローム・ブルーナー)
  • 3 視知覚と錯視(リチャード・グレゴリー)
  • 4 人工知能(ダニエル・デネット)
  • 5 イメージと思考の言語(ジェローム・フォーダー)
  • 6 無意識の概念(スチュアート・ハンプシャー)
  • 7 社会的行為の分析(ロム・ハレ)
  • 8 対人関係の研究(ロバート・ハインド)
  • 9 未開の思考(クリフォード・ギアーツ)
  • 10 視覚芸術の心理学的則面(エルンスト・ゴンブリッチ)
  • 11 精神医学への異義(トーマス・サス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学の最前線
著作者等 Bruner, Jerome S.
Dennett, Daniel Clement
Geertz, Clifford
Gombrich, E. H.
Gregory, Richard Langton
Hampshire, Stuart
Harré, Rom
Hinde, Robert A.
Miller, George Armitage
Miller, Jonathan
Szasz, Thomas Stephen
古屋 健
橋本 仁司
湯田 彰夫
Fodor Jerome
ミラー ジョナサン
書名ヨミ シンリガク ノ サイゼンセン
書名別名 States of mind

専門家11人との対話
出版元 同朋舎
刊行年月 1988.11
ページ数 375p
大きさ 20cm
ISBN 4810406539
NCID BN02881639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89018651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
イメージと思考の言語 ジェローム・フォーダー
人工知能 ダニエル・デネット
対人関係の研究 ロバート・ハインド
未開の思考 クリフォード・ギアーツ
無意識の概念 スチュアート・ハンプシャー
現代心理学の歴史的背景 ジョージ・ミラー
社会的行為の分析 ロム・ハレ
精神医学への異議 トーマス・サス
視知覚と錯視 リチャード・グレゴリー
視覚芸術の心理学的側面 エルンスト・ゴンブリッチ
認知心理学の発展 : 発達心理学 ジェローム・ブルーナー
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想