一条兼良

永島福太郎 著

一条兼良は東山時代の公卿学者、東山文化のリーダーであった。東山時代は近世社会の黎明期であり、わが国の伝統文化が大いに発展したときでもある。兼良の『源氏物語』その他の古典研究はその明星であり、和学の祖と仰がれるゆえんである。本書は兼良の人と、その時代を丹念にえぐり、東山文化の本質にふれる野心作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東山文化と兼良
  • 2 執柄への道
  • 3 奈良疎開
  • 4 一天無双の才人
  • 5 古典学者
  • 6 「女人政治」礼賛
  • 7 『源氏物語』憧憬
  • 8 26人の子女
  • 9 一条家の経済
  • 略年譜
  • 足利将軍家略系図
  • 五摂家略系図
  • 一条家系図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一条兼良
著作者等 永島 福太郎
書名ヨミ イチジョウ カネヨシ
書名別名 Ichijo kaneyoshi
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.12
版表示 〔新装版〕
ページ数 200p
大きさ 19cm
ISBN 4642051414
NCID BN02881628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89022554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想