欲求不満と暴力

ドラード 等著 ; 宇津木保 訳

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 定義 / p1
  • 基礎的仮定 / p2
  • 基礎的概念 / p4
  • 欲求不満-攻撃系列の事例 / p16
  • 範囲と限界 / p25
  • 歴史的背景 / p27
  • 第二章 心理学的原理 その一 / p38
  • 攻撃を誘発する発動性の強度 / p39
  • 攻撃活動の制止 / p45
  • 発動性と制止との葛藤 / p50
  • 要約 / p53
  • 第三章 心理学的原理 その二 / p54
  • 直接攻撃と間接攻撃 / p54
  • 攻撃の置き代え / p57
  • 攻撃形式の変化 / p62
  • 自己攻撃 / p65
  • 洗滌(攻撃形式の等価性) / p70
  • 要約 / p74
  • 第四章 アメリカにおける社会化 / p76
  • 児童の欲求不満の型 / p79
  • 食事について / p82
  • 文化の差異 / p85
  • 探索的支配について(自由の束縛) / p86
  • 清潔のしつけ / p88
  • 子供の依頼心の減少 / p91
  • 初期の性行動 / p92
  • 性の定型化 / p97
  • 年齢段階 / p98
  • 学校における欧求不満 / p100
  • 青年期 / p102
  • 成人期の欲求不満 / p103
  • 攻撃の調整 / p108
  • 攻撃への準備性 / p124
  • 外集団に対する攻撃 / p127
  • 第五章 青年期 / p130
  • 生理的及び身体的変化 / p131
  • 能力の変化 / p134
  • 青年期の欲求不満の源 / p135
  • 青年期欲求不満の確証 / p140
  • 青年期の攻撃 / p144
  • 青年期の攻撃の置き代え / p150
  • 青年期の行動の文化的特性 / p153
  • 第六章 犯罪 / p156
  • 経済的地位 / p159
  • 職業的地位 / p161
  • 教育的地位 / p163
  • 知能 / p165
  • 年齢 / p166
  • 身体の大きさ / p169
  • 容貌と身体的欠陥 / p171
  • 健康 / p174
  • 過剰活動 / p175
  • 人種と国民性 / p176
  • 私生児の問題 / p178
  • 婚姻上の地位 / p180
  • 性比 / p184
  • 家庭の条件 / p187
  • 近隣の条件 / p188
  • 地方的条件 / p189
  • アルコール中毒と薬物常用 / p191
  • 軍国主義と道徳的休日 / p192
  • 政治の形態 / p194
  • 精神病 / p195
  • 要約 / p196
  • 第七章 民主主義、ファシズム及び共産主義 / p201
  • 子供の社会化 / p204
  • 大人の再社会化 / p208
  • 経済的及び社会的欲求不満 / p212
  • 人種的偏見 / p215
  • 攻撃の方向 / p222
  • 満足感 / p237
  • 第八章 未開社会-アシャンティ族の場合 / p245
  • 攻撃の統制 / p247
  • 攻撃のはけ口 / p262
  • 参考文献
  • 人名索引
  • 事項索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 欲求不満と暴力
著作者等 Dollard, John
宇津木 保
Dollard John.
ドラード
書名ヨミ ヨッキュウ フマン ト ボウリョク
書名別名 Yokkyu fuman to boryoku
出版元 誠信書房
刊行年月 1959
ページ数 277p
大きさ 19cm
NCID BN02876639
BN03039926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59007908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想