名前の禁忌習俗

豊田国夫 著

日本人の名前に対する禁忌習俗の発生・発見とその史的変遷の諸相を探り、日本歴代のイミナ習俗や、継名・贈賜名・通し字・アザナ(複名)などの実態を明らかにする。また有名な国家安康の鐘名事件等にも触れるなど、史実や先蹤の研究も尋ね、著者のかねてからの「言事融即感」の深い透視力が捉えた「言霊研究」の一つの結実をここに見る。付録として、中国歴代の王候名についての避諱習俗とその事例、杜甫の避諱観についても説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 禁忌の習俗
  • 2 禁忌の分類
  • 3 人称の禁忌
  • 4 日本のイナミの変容
  • 5 日本歴代のイナミ習俗
  • 6 中国歴代の避諱習俗
  • 7 杜甫の避諱観
  • 8 司馬遷と秦始皇帝の名

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名前の禁忌習俗
著作者等 豊田 国夫
書名ヨミ ナマエ ノ タブー シュウゾク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1988.10
ページ数 366p
大きさ 16cm
ISBN 4061588478
NCID BN02869837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89004267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想