古細菌

古賀洋介 著

日本における古細菌はまだ外国からの借り物であるが、ここに一歩足を踏み込むと、驚異と歓びの連続になる。この驚異と歓びを若い読者とも分かち合い、若い読者諸氏が古細菌に関心を深められ、日本の地に足のついた古細菌研究の基礎ができることを期待して、本書を執筆した。なるべく基礎的な説明まで立ち戻って解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古細菌の登場
  • 2 古細菌の発見と特徴
  • 3 メタン生成細菌
  • 4 高度好塩菌
  • 5 イオウ依存高度好熱菌
  • 6 古細菌の系統発生学的位置
  • 7 古細菌のエーテル脂質
  • 8 古細菌の細胞壁・細胞表層構造
  • 9 古細菌の代謝、とくにメタン生成機構
  • 10 古細菌の分子生物学
  • 11 古細菌と人間生活とのかかわり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古細菌
著作者等 古賀 洋介
書名ヨミ コサイキン
シリーズ名 UP biology
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1988.12
ページ数 149p
大きさ 18cm
ISBN 4130631233
NCID BN02868244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89015456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想