計量経済学

辻村江太郎 著

[目次]

  • 目次
  • I章 自由経済と経済計画 / p9
  • 日本経済の環境条件 / p10
  • 輸出増加と経済成長 / p16
  • 資本蓄積か賃金引き上げか / p21
  • 自由放任への疑問(一) / p27
  • 自由放任への疑問(二) / p33
  • 欠陥に対処する政府の役割 / p38
  • 自然治癒のきかない現代経済 / p41
  • 政策は数字で示さねばならない / p49
  • 計量経済学の役割 / p55
  • II章 定量的経済モデルと経済政策 / p61
  • 経済実験のできる計量経済学 / p62
  • 計量経済学モデルの骨子 / p65
  • 経済のしくみと政策の効果 / p70
  • モデルの記号化 / p76
  • 「モデルの実証性」 / p80
  • もちつもたれつの経済諸量(一) / p83
  • もちつもたれつの経済諸量(二) / p87
  • 政策変数 / p92
  • III章 産業連関モデル / p97
  • たいせつな産業間のバランス / p98
  • 産業連関モデルの構成 / p105
  • 産業連関の網目の具体的表現 / p112
  • 産業連関表 / p117
  • IV章 数量と価格 / p125
  • 計量経済の役目 / p126
  • 経験科学としての計量経済学 / p132
  • モデル体系の締めくくり / p138
  • 生産要素の投入と最終需要の配分 / p145
  • 緊密な経済諸量の結びつき / p153
  • 構造式の現実性 / p159
  • V章 基礎理論の構成手順 / p167
  • 所得と消費需要 / p168
  • 時系列資料と家計調査資料 / p174
  • 経済関係式の自律性 / p179
  • 計量経済学の予測は条件付き / p185
  • 消費者としての「家計」 / p191
  • 消費と家族構成 / p196
  • 精度の高い予測のために / p203
  • 費目別消費支出の相互依存関係 / p207
  • 消費需要関数の体係 / p212
  • VI章 実験不能の問題と経済測定 / p221
  • 付録 新中期マクロ・モデル(記号一覧表および構造方程式体系) / p231
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 計量経済学
著作者等 辻村 江太郎
書名ヨミ ケイリョウ ケイザイガク
書名別名 Keiryo keizaigaku
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1967
版表示 増補改訂版
ページ数 232p
大きさ 18cm
NCID BA46293669
BN02862179
BN04904542
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67003848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想