80年代日本の危機の構造

高内俊一 ほか編

本書は、1980年代の日本の現実を、「危機」の側面から総体的な把握しようとした、学際的な共同研究である。現実の諸側面(法・政治、経済・経営、社会・労働・生活、文化・イデオロギー等)を、それぞれ複雑な内的関連をもつ一個の有機的全体の一環として位置付け、相対的独自性をもつ各分野の現状分析を通じて、80年代日本の危機の全体像の解明が意図されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 現代日本の危機の特徴と新局面(80年代日本における危機-「危機」の新しい理論化と具体化をめぐる論点
  • 現代世界の危機と矛盾)
  • 第1篇 経済体制の危機(80年代日本資本主義の危機の到達点
  • 日本経済の危機と独占の新戦略
  • 対外経済摩擦の激化と海外投資の急増
  • 日本経済の危機と労働運動の課題
  • 日本農業の危機と農業政策
  • 国土開発政策と環境危機)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 80年代日本の危機の構造
著作者等 高内 俊一
中原 章雄
山下 健次
真田 是
奥地 正
書名ヨミ ハチジュウネンダイ ニホン ノ キキ ノ コウゾウ
出版元 法律文化社
刊行年月 1988.11
ページ数 2冊
大きさ 22cm
ISBN 4589014211
NCID BN02862066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89017491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想