コンピュータ・グラフィックスの世界 : 映像革命の最前線をさぐる

三井秀樹 著

アニメからテレビのタイトルにまで進出したコンピュータ・グラフィックス(CG)は、映像世界の花形である。しかし、現代のCGはそれ以上の存在だ。ジャンボジェット機からDNA操作まで、CGなくして現代文明は語れない。高速のデータ処理機械にすぎなかったコンピュータは、人間のイメージを瞬時にカラー立体画像に描出する能力を身につけた。この驚くべき能力はどのように開発されたのか、どんな可能性を秘めているのか?さまざまなCG作品を通して、その最先端の息吹を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コンピュータ・グラフィックス前夜
  • コンピュータ・グラフィックス元年
  • 花開くコンピュータ・アート
  • 拡大する応用範囲
  • 現代芸術とコンピュータ
  • コンピュータ・グラフィックスの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンピュータ・グラフィックスの世界 : 映像革命の最前線をさぐる
著作者等 三井 秀樹
書名ヨミ コンピュータ グラフィックス ノ セカイ
書名別名 Konpyuta gurafikkusu no sekai
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1988.11
ページ数 169, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4061327542
NCID BN02861347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89010911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想