家庭経済 : "家計"の時代は終った

小林克己 著

家庭経済の鍵を握るのは女性だ!!現代の家庭経済は、世界経済の一環という社会体系の中のひとつの強力な経済単位としての存在に大きく変わってきた。いまや、家庭の主婦が、世界経済を動かしつつあるのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 家庭経済の見直し(家庭経済研究のための前提
  • 具象的家庭経済の諸問題
  • 家庭経済の収入と支出-資本としての認識が重要である
  • 分配の論理について)
  • 第2部 家庭経済の社会性(家庭経済は"家庭外"経済
  • 社会的経済的環境の変化
  • 教育コストと家庭経済の負担能力
  • 高齢化社会の問題点-家庭経済の危機要因である
  • 家庭経済の現下の動向
  • 家庭経済と女性の地位)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家庭経済 : "家計"の時代は終った
著作者等 小林 克己
書名ヨミ カテイ ケイザイ
出版元 マネジメント社
刊行年月 1988.9
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4837802249
NCID BN0285874X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89002012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想