東西両京の大学 : 東京帝大と京都帝大

斬馬剣禅 著

本書は初め明治36年2月から8月まで新聞に連載され、同年12月に刊行された。創立以来、日本の大学の頂点に君臨する東京帝国大学と新興京都帝国大学を、雄弁かつ大胆に比較し、論じている。両大学の学問、学風、教授、制度等を、明治の新聞人が縦横無尽に斬りまくり、当時の教育界、言論界を大いに震憾させた。ともすれば形式主義、権威主義に陥りがちな大学のあり方を問う、今なお新しい画期的な大学論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山水と学風
  • 本宅と別荘
  • ローマ法王と新教徒
  • 大学らしき大学
  • 山川、木下の両総長
  • 法科大学比較観
  • 穂積、梅対岡松
  • 小穂積、一木対織田
  • 岡野、松波対高根
  • 岡田対勝本
  • 金井、松崎対田島
  • 『東西両京の大学』について
  • 宮崎、土方対千賀
  • 寺尾、戸水、高橋対岡村
  • 山田対仁井田
  • 『東西両京の大学』について
  • 法科大学結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東西両京の大学 : 東京帝大と京都帝大
著作者等 斬馬 剣禅
書名ヨミ トウザイ リョウキョウ ノ ダイガク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1988.11
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 4061588532
NCID BN02858160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89008381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想