東南アジア経済の将来構造

小島清 編

[目次]

  • 目次
  • あいさつ 東畑精一
  • 報告書概要 小島清 / p3
  • 第1章 アメリカ・日本・東南アジア三角貿易の基本路線 小島清 / p13
  • 第1節 課題 / p13
  • 第2節 データ / p14
  • 第3節 対世界比較優位のパターン / p20
  • 第4節 2国間比較優位 / p28
  • 第5節 商品別三角貿易 / p32
  • 第6節 三角貿易の結合度 / p40
  • 第7節 三角貿易の調整策 / p46
  • 第2章 東南アジア米穀経済の構造と問題点-戦前統計を中心として- 吉植悟 / p63
  • 第1節 問題の所在 / p63
  • 第2節 生産上の諸条件 / p66
  • I 米作地帯分布 / p67
  • II 単位面積当たり収量のてい減傾向 / p70
  • III 耕地拡張と問題点 / p77
  • 第3節 消費性向とその趨勢 / p83
  • I アジア諸国民の常食と米の消費 / p83
  • II 第1次大戦以後の消費動向 / p85
  • 第4節 流通機構と政策体系 / p93
  • I 精米工場の分布 / p93
  • II 地方市場の特徴 / p94
  • III 輸出市場 / p95
  • IV 施府の誘導と施策 / p97
  • 第5節 戦前と戦後 / p100
  • I 生産上の諸条件の変化 / p100
  • II 需要趨勢の変化 / p104
  • III 流通機構上の問題 / p105
  • 第3章 東南アジア諸国の長期展望モデル 林雄二郎 小金芳弘 / p107
  • まえがき / p107
  • 第1節 経済成長を規制する要因 / p108
  • 第2節 国民経済のバランス / p110
  • 第3節 モデルI / p112
  • 第4節 モデルII / p117
  • 第5節 モデルIII / p119
  • 第6節 モデルIV / p127
  • 第7節 バックデータ / p131
  • 第8節 援助効果推計作業の1例-マクロモデルによる- / p132
  • 第4章 東南アジア貿易の将来構造 海老原武邦 / p153
  • 第1節 まえがき / p153
  • 第2節 東南アジア諸国の貿易の基本的性格 / p157
  • I 東南アジアの貿易パターン(1)-マクロ的検討- / p158
  • II 東南アジアの貿易パターン(2)-セミ・マクロ的検討- / p160
  • 第3節 東南アジアの工業化と貿易構造の変化 / p164
  • I 東南アジア諸国の貿易構造 / p164
  • II 東南アジア諸国の工業化の段階 / p169
  • III 東南アジア諸国の貿易構造変動の方向 / p173
  • 第4節 東南アジア貿易構造の将来の姿と日本の立場 / p178
  • 第5章 東南アジア経済協力の構図 小島清 / p187
  • はしがき / p187
  • 第1節 調査プラン:肥料投入を基軸変数とする東南アジア経済開発-Research Plan:Long‐range Economic Project of Southeast Asaia / p187
  • 第2節 「アメリカ・日本・東南アジア三角貿易の基本路線」に関する反響 / p194
  • 第3節 「肥料投入プラン」に対するコメント / p196
  • 第4節 日本の個別的経済協力 / p207
  • 第5節 アジア経済統合の構想 / p212
  • 第6節 その他の興味ある問題 / p228
  • 現地調査報告 小島清 / p231
  • I 調査日程 / p231
  • II 調査目的および出発前の準備 / p233
  • III 「アジア貿易セミナー」カラチ会議の印象 / p234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東南アジア経済の将来構造
著作者等 アジア経済研究所
小島 清
書名ヨミ トウナン アジア ケイザイ ノ ショウライ コウゾウ
書名別名 Tonan ajia keizai no shorai kozo
シリーズ名 アジア経済研究シリーズ ; 第37集
出版元 アジア経済研究所
刊行年月 1962
ページ数 241p
大きさ 21cm
NCID BA4583731X
BN02853054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63003600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想