浄土宗典籍研究

山喜房佛書林 [編]

この本の情報

書名 浄土宗典籍研究
著作者等 山喜房仏書林
書名ヨミ ジョウドシュウ テンセキ ケンキュウ
書名別名 Jodoshu tenseki kenkyu
出版元 山喜房仏書林
刊行年月 1975
ページ数 889, 53p
大きさ 22cm
ISBN 4796304061
NCID BN02852528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74009742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『略論安楽浄土義』と『安楽集』の末疏について 藤堂恭俊
『選択本願念仏集』とその註疏 香月乗光
三代相伝の要義と異義と異義に関する述作 服部英淳
三部経の註釈および大原談義に関する著作 戸松啓真
中国諸師の浄土教論書 坪井俊映
了誉聖冏の教学体系に関する述作 服部英淳
伝燈系譜・寺誌 井川定慶
伝通記見聞・糅眼記 高橋弘次
元祖法然上人の著作遺文 小沢勇貫
先徳要義集 戸松啓真
円戒叢書 恵谷隆戒
名越派とその叢書 玉山成元
善導大師の行儀分とその註書 服部英淳
善導大師の観経疏 香月乗光
宗義顕彰・鎮西、記主著作解題 恵谷隆戒
往生伝と浄土伝燈の史論 伊藤唯真
往生伝・高僧伝-特に浄全続十六巻所収本について 深貝慈孝
徳川時代後期の往生論註末書-特に浄全続五巻所収本について 藤堂恭俊
日本における聖道門諸師の浄土教義と述作 伊藤真徹
日本浄土諸師伝と中国浄土聖賢録 三田全信
曇鸞・道綽両師の著作とその末註 塚本善隆
本について 深貝慈孝
梵蔵和英合璧浄土三部経解説 香川孝雄, 高畠寛我
檀林志・四本山志および浄土宗史 大橋俊雄
江戸中期の念仏論議 藤吉慈海
法然上人伝の系譜 田村円澄
法然上人門流の戒系と円戒思想の展開 宮林昭彦
浄土三部経と異訳経典 佐藤密雄, 真野竜海
浄土三部経の釈義音義書 小沢勇貫
浄土宗における無量寿経釈書について 坪井俊映
浄土宗全書第二十一巻解説-解題と開題・浄土教書籍目録・執筆者略伝 藤堂恭俊
浄土教に関する諸宗の述作 服部英淳
湛澄の略伝とその著述について 成田俊治
聖冏上人の『伝通記糅鈔』 香月乗光
聖聡の教学と著書について 坪井俊映
良忠上人と観経疏の注釈 坪井俊映
蓮門精舎旧詞 竹田聴洲
選択集の章疏論難書 小沢勇貫
金剛宝戒と浄土布薩の論集 三田全信
鎮西西山両義比較の資料・観経疏講録 服部英淳
震旦諸師の浄土三部経釈 牧田諦亮
震旦諸師の浄土教に関する著作 藤堂恭俊
高祖・元祖・二祖顕彰 井川定慶
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想