石田梅岩

柴田実 著

近世の後半、町人の哲学として生まれた"心学"は、儒教・仏教・神道・道教の説を取り入れ、庶民の日常生活の中に道徳の実践を説いて発展したが、それは日本が近代化に成功した要因の中でも重要なものの一つであろう。本書は、その開祖石田梅岩の生涯と根本思想について、最も信憑性の高い史料を駆使しながら、平易・簡潔に述べた詳伝である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 おいたち
  • 第2 志学の動機
  • 第3 体験と反省・開悟
  • 第4 開講
  • 第5 日常の生活
  • 第6 梅岩教学の根本
  • 第7 晩年の生活
  • 第8 修行の要諦
  • 第9 終焉
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石田梅岩
著作者等 日本歴史学会
柴田 実
書名ヨミ イシダ バイガン
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.11
版表示 〔新装版〕
ページ数 156p
大きさ 19cm
ISBN 4642051368
NCID BN02702773
BN02848564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89005460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想