谷川俊太郎のコスモロジー

谷川俊太郎 ほか著

人間や時代の無意識の世界に、言葉を届かせてきた詩のマジシャン。詩界以外にも、広く読者を魅了し続けている、詩人の軌跡を時代別・テーマ別に組みたて、谷川俊太郎の広大な詩的宇宙と言語世界をパノラマ化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • <世界>の謎を解く想像力-コスモロジカルな感性の軌跡と言葉の倫理
  • 未知なるものへ-ミステリアスな感覚と詩のよろこび
  • 代表詩50選
  • 詩人以前(『二十億光年の孤独』の頃-ガリ版刷詩誌「金平糖」のことなど
  • 谷川俊太郎の原体験-母なるもののパラドックス)
  • はるかな国から、そして、世界へ(谷川俊太郎の詩
  • 谷川俊太郎-メタフィジカルな情感
  • 「世界へ!」への疑問
  • 感受性の祝祭の時代
  • 言葉の仮構への責任)
  • 状況へ(『62のソネット』のこと-<喜び>という倫理
  • パズルと模型飛行機-原水協の頃
  • 戦後詩の転換は可能か)
  • うた(幽かに光が射していた-言葉を吊りあげる愛の威力
  • 声とリズム
  • 校歌こう書こうか
  • 始源の門-こえを発して谷川俊太郎の詩をよむ)
  • 子供の発見(谷川俊太郎と日本語-絵本をはじめとしての平仮名仕事
  • 「わからなさ」をそのままで-奇妙な絵本、童話の核心にあるもの
  • ブリコラージュ・詩・箱庭療法-心の「いやし」の新しい可能性)
  • 詩意識の拡大と成熟(『旅』についての1万語をテープレコーダーに吹込む
  • 「ひとりっ子」の新しさ)
  • メディアの横断(谷川戯曲における<ことば>-詩の幸福・戯曲の不幸
  • フイックスの視線谷川俊太郎の映像作品
  • 宇宙の日めくり-テレビ的人間の366篇)
  • 言葉の実験室(谷川俊太郎と沈黙の神話-宇宙大に拡散した自我の行方
  • ことばとカタログ-レトリックというたわむれ
  • 日本語とのつきあい-失われた原初感覚のある詩)
  • 詩人のスナップ
  • 海外での読まれ方
  • 谷川俊太郎自筆年譜+資料(エッセイ)
  • 著作目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 谷川俊太郎のコスモロジー
著作者等 谷川 俊太郎
書名ヨミ タニカワ シュンタロウ ノ コスモロジー
シリーズ名 現代詩読本 特装版
出版元 思潮社
刊行年月 1988.7
版表示 〔特装版〕
ページ数 351p
大きさ 21cm
ISBN 4783718482
NCID BN02848462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88052089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想