大原幽学

中井信彦 著

大原幽学は日本農村の師父、協同組合の創始者と呼ばれる。謎の出生と諸国流寓、のち下総に理想的農民社会の建設途上、幕府の弾圧を受けて自刃する。本書はその一生を、確実な史料に密着しつつ客観的に叙述した最初の幽学伝である。特に幕末の関東農村の事情の中で、農民指導者としての成長を跡付けることに力点がすえられた。

「BOOKデータベース」より

付: 主要参考文献

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 1 なぞの生い立ち
  • 2 関西流浪時代
  • 3 長部村定住まで
  • 4 農民指導
  • 5 渡村一件の発端から自刃まで
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 一 なぞの生い立ち / p1
  • 1 疑問の出自 / p1
  • 2 勘当をうける / p14
  • 二 関西流浪時代 / p18
  • 1 諸学の学習 / p18
  • 2 関西における足跡 / p26
  • 3 社会教化の実践を決意 / p32
  • 三 長部村定住まで / p38
  • 1 信州時代 / p38
  • 2 江戸から房総へ / p55
  • 3 教化活動の開始 / p66
  • 四 農民指導 / p91
  • 1 先祖株組合の結成 / p91
  • 2 初期の先祖株組合 / p103
  • 3 村ぐるみの組合 / p118
  • 4 農業指導とその成果 / p139
  • 5 農村指導の性格と成果 / p158
  • 6 幽学の思想 / p176
  • 五 牛渡村一件の発端から自刃まで / p189
  • 1 牛渡村一件の発端と関東取締出役 / p189
  • 2 農民指導の深化と嫌疑 / p202
  • 3 審理の経過と内容 / p230
  • 4 幕府評定所の裁決 / p264
  • 5 自刃 / p273
  • 六 むすび / p287
  • 付 幽学没後の性学 / p300
  • 略年譜 / p307
  • 主要参考文献 / p315
  • 口絵
  • 大原幽学肖像 / 巻頭
  • 大原幽学居宅 / 巻頭
  • 大原幽学筆蹟 / 巻頭
  • 大原幽学墓碑 / 巻頭
  • 挿図
  • 名古屋にある大原幽学墓碑 / p2
  • 「大道寺実生」の自署 / p3
  • 『口まめ草』 / p27
  • 幽学着用の紙布と油紙の笠 / p35
  • 「夫孝徳之本」 / p51
  • 「可恐積悪可常積善」 / p73
  • 長部村高木長命入門誓紙 / p83
  • 幽学の居宅(俯瞰図) / p89
  • 「誠自成」 / p89
  • 幽学関係下総地図 / p96
  • 林伊兵衛入門誓紙 / p122
  • 『仕事割控』 / p140
  • 『仕事割控』の一部 / p143
  • 『年中仕業割幷日記控』 / p150
  • 『年中仕業割』の版木 / p150
  • 正条植 / p153
  • 字八石耕地 / p159
  • 長部耕地 / p163
  • 「慎其独」(居宅の庭前にある石碑) / p179
  • 「能静能可安、所謂可慎其独、唯可観宥坐器」 / p185
  • 宥坐器 / p185
  • 改心楼絵図 / p205
  • 改心楼土手造り / p207
  • 改心楼への階段 / p210
  • 宿内部落 / p222
  • 幽学が設計した宿内農家 / p224
  • 高松彦七郎引請証文 / p232
  • 幽学口上書 / p246
  • 江戸吟味中の幽学書状 / p252
  • 幽学記念館にある錦絵 / p263
  • 戸川安清筆「改心楼」額面 / p271
  • 自尽の短刀 / p279
  • 「金三両」の書置 / p283
  • 幽学の教座 / p290
  • 景物の鏡 / p293
  • 景物の扇子 / p296
  • 幽学の絶筆 / p299
  • 遠藤亮規の肖像 / p302

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大原幽学
著作者等 中井 信彦
日本歴史学会
書名ヨミ オオハラ ユウガク
書名別名 Oohara yugaku
シリーズ名 人物叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1963
版表示 〔新装版〕
ページ数 315p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4642051627
NCID BN02848258
BN03416860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63004672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想