塙保己一

太田善麿 著

『群書類従』をはじめ、数々の古典の編集・校刊にまれにみる偉業を成し遂げた塙保己一は、幼時失明した盲人学者であった。常人ですら容易に成し得られない驚嘆すべき大業績がいかにして盲人の身で達成されたのか。その国史・国文研究における恩恵は大きい。本書は俗説を正し基本的な史実に立脚して真正な保己一に迫る最も信頼し得る正伝。

「BOOKデータベース」より

付: 主要参考文献

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 幼少時
  • 江戸へ修行に出る
  • 盲人としての修業から学問へ
  • 自己の道に入り立つ
  • 衆分時代
  • 基本的な人生観の証得
  • 勾当時代
  • 検校に進む
  • 『大日本史』の校正
  • 『群書類従』の刊行と和学講談所の創立
  • 集書・刊行の事業進む
  • 『続群書類従』への熱意
  • 総検校
  • 『群書類従』の冊数その他
  • 保己一の和歌
  • 保己一の遺文と検校追悼の和歌
  • 荻野氏・塙氏系譜〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 一 幼少時 / p1
  • 二 家系 / p5
  • 三 江戸へ修行に出る / p11
  • 四 盲人としての修業から学問へ / p17
  • 五 少年期の年紀 / p22
  • 六 自己の道に入り立つ / p25
  • 七 衆分時代(一) / p31
  • 八 衆分時代(二) / p34
  • 九 基本的な人生観の証得 / p38
  • 十 勾当時代(一) / p44
  • 十一 勾当時代(二) / p50
  • 十二 勾当時代(三) / p56
  • 十三 勾当時代(四) / p64
  • 十四 家族関係 / p72
  • 十五 検校に進む / p82
  • 十六 『大日本史』の校正 / p87
  • 十七 『群書類従』の刊行と和学講談所の創立 / p95
  • 十八 和学講談所の確立 / p111
  • 十九 諸種の編纂事業進む / p117
  • 二十 集書・刊行の事業進む / p129
  • 二十一 事業いよいよ拡大する / p134
  • 二十二 晩年の活躍 / p143
  • 二十三 『続群書類従』への熱意 / p151
  • 二十四 古稀以後 / p161
  • 二十五 総検校 / p166
  • 二十六 『群書類従』の冊数その他 / p173
  • 二十七 『続群書類従』の編纂 / p178
  • 二十八 保己一の和歌 / p191
  • 二十九 逸話的なこと / p199
  • 三十 保己一の遺文と検校追悼の和歌 / p208
  • 荻野氏・塙氏系譜 / p213
  • 略年譜 / p215
  • 主要参考文献 / p226
  • 口絵
  • 塙保己一総検校正装画像 / 巻頭
  • 塙保己一愛用の机 / 巻頭
  • 塙保己一の墓 / 巻頭

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 塙保己一
著作者等 太田 善麿
日本歴史学会
書名ヨミ ハナワ ホキノイチ
書名別名 Hanawa hokinoichi
シリーズ名 人物叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1966
版表示 〔新装版〕
ページ数 226p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4642051163
NCID BN02074728
BN02845260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67001211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想